いつまでもナナコロビヤオキ

カテゴリ:ロードバイク( 156 )

ジデツウ

b0078370_22353833.jpg

なかなか、自転車にも乗る時間が確保しずらいので、先週は後半3日間、職場まで自転車通勤しました。
片道21.5km、道は全体的にゆるやかなアップダウンが続くルートで、交通量は少なめ。
今まで、自転車通勤をしなかったのは、狭い道幅いっぱいに走る大型トラックの往来があるのでかなり危険なうえ、舗装が割れていたり、くぼんでいる個所が多く、走って快適とは言えない道だったから。
それでも、走らないより、走って今の状態をキープするようにしたほうがいいと思いました。
ちょっと乗らないだけで、人間のポテンシャルはガクンと落ち込みますからね。
夜勤なので、夜7時半出発し、帰りは朝8時半くらいと、涼しい時間帯なのが良かったです。これが昼間のシフトだともろに暑い時間帯なので、熱中症のリスクもあるし、気が引けますもんね。
夏の景色を見ながら走るのは気分転換にもなるし、朝は爽やかな気分にもなります。
b0078370_22551846.jpg

片道45分、ちょうど良いトレーニングにもなっている!と思いたいです。
[PR]
by ratch_ue | 2012-07-28 22:34 | ロードバイク

早朝サイクリング

今朝は、5時半から町内を巡回してきました。
朝は体が重くて、なかなか動くのがおっくうですけど、今朝は久々に気持ちいい晴天だし、意を決して走ってきました。家から、県道を山鹿方面へ一旦走り、三加和温泉方面へ、更に北上し、途中交差する県道を戻ってくる35キロほどのルートです。
いやー、景色はいいし、涼しくて気持ちよかったー!
町内には、体に関する八つの神様が祀られており、その中の一つ、耳の神様へお参り。
b0078370_8425882.jpg

最近、夫婦間の会話で、聞かれたことに対して、えー?なんてぇ?とか聞き返すことが多くなってきたしね。
b0078370_8441922.jpg

杉の巨木に隠れるように、ひっそりとたたずむように建つ耳の神様。古い建造物を見るにつけ、これを建てたときの、職人さんのノミで木に穴をあけたり、ノコで切ったり、はたまた彫刻で描いたり、思いが伝わってくるようで、趣深い、、、
若いころは、神社仏閣など、興味がなかったんですけど、最近は古いものを見るのが昔の人の想いを見るようで、楽しいんですね。
b0078370_8542241.jpg

八つの神様を一つづつ回らないと、ご利益が少なくなるような感じがしたので、他はまた次回行くことにしよう。
早朝のサイクリングは、何か一つ得をしたような気持になり、健康的だし、活力にもなりました。
さあ、今日からまた夜勤、ガンバリマス!
[PR]
by ratch_ue | 2012-07-24 08:58 | ロードバイク

暑さにやられた

今日は、月曜だけど、シフトの関係で休み。
外は晴れ、ということは走るっきゃないでしょ。
ということで、約3週間ぶりに、外で走ります。マイ定番50㎞TTへGo!!
2周100キロを目標に走りだしますが、スタートから足が重く、本調子からは程遠し。
1周目は1時間48分と、ベストラップから5分ものビハインド。
今日は人間が熱ダレまくり&足も売り切れで、2周目65㎞付近でクリートを外して、しばし休憩。
それ以降、アップダウンが続くルートで、まともに走れなかった。
壱岐の時に比べたら、調整不足で格段にパワーが落ちている。
7月は、休みの都合で、イベントは出ることができない。
けど、休みの日には、できるだけ長距離を最後までバテズに、楽しんで乗るぞー。

本日の走行:94.22km 
[PR]
by ratch_ue | 2012-07-09 22:08 | ロードバイク

チューブにもいろいろ

先月中旬からから9月半ばまで仕事が節電による変則勤務になり、会社は土日関係なく昼間1時から4時を除く夜間も稼働することに。今まで夜になるとひっそり静まり返っていたラインがけたたましく動いています。
自動車業界は、多分どこも今、フル生産状態で忙しい最中だと思います。
うちの会社も、昨年よりはるかに忙しい、、、
仕事って不思議なもんで、暇なときはとことん暇で、忙しいときはどんどん仕事が増えていく、、、
先週も仕事が終わって、グッタリで、飯も食べずにそのまま寝てしまった日もありました、、、
でも仕事があるのは有難い、今週は夜間勤務なので、眠い目をこすって頑張るぞー!!
っとこんなブログを書いてる時点で暇なんじゃね、という突っこみは無しね(笑)

何か前置き長くなりましたけど、ロードバイクのチューブがいろいろあるので、重量を比較してみました。
サイズはすべて700 18~28相当です。
左から、①パナソニックR-Air軽量、②イオンサイクルで買ったチューブ(メーカー?)、③TIOGA60mmロングバルブ、④シュワルベ
b0078370_856217.jpg

まずは、①パナソニックR-Air 軽量をうたい文句にしています。実重量68g。
b0078370_92388.jpg

つぎに、パンクした時たまたま近くにあったイオンサイクル、そこで買った②無印チューブ。実重量105g
b0078370_96473.jpg

③TIOGAの安いチューブ。実重量 90g
b0078370_981513.jpg

最後は④シュワルベ 確か700円くらいだったと思う。実重量110g、重っ!
b0078370_9102516.jpg

ということで、一番軽いパナと重いシュワちゃんでは42gもの重量差が、前後にすると84gにもなるのね。
ホイールだのタイヤだのの軽量化の前に、チューブがあるじゃない、、、って今更何言ってんのって感じですが。乗り心地も相当変わるというプロの話も聞きますが、乗り心地といっても、ホイールなのか、タイヤなのか、チューブなのか、いろんな要因があるので追求しだしたら迷宮入りしそうです。
こんなものも今使ってます。確かに乗りごこちは良い気がします。そしてこの重量は軽い!シュワちゃんの半分なので、前後なんと110gの軽量化に。
b0078370_9112950.jpg

コストで前後合わせて1700円くらいのアップで110gですよ。ということは1グラムに軽量化15.5円かかるわけね。
ホイールだと、ちなみにシマノカタログを見てますが、R-500(前後1944g)とRS-20(前後1848g)、これが96g重量が違う。まあ、例えの話なのでこんなグレードアップは誰もしないという突っこみは無しにして、価格差は定価ベースで9718円、実売で9000円くらいの差として、9000円÷96g=1グラム軽量化に約94円もかかるわけだ。
チューブの軽量化ってコスパに優れているのがわかりますよね。
でも軽いものほど、組み入れるときに破けやすいという話も聞くので、タイヤレバーで噛まないよう、ちょい空気を入れて作業するのがコツみたいです。また、軽いものは同時に耐久性に乏しいことも事実みたいなので、自分の走行に合わせて選ぶのも必要かなって思いました。
[PR]
by ratch_ue | 2012-07-02 09:27 | ロードバイク

6月は晴れのち雨でしたね

ホント先週くらいから、毎日のように雨が降りますよね。
これを書いている現在も外は雷雨です。
基本、私は雨の日、外で自転車には乗りません。いくら精度の高いシマノのパーツでも、雨の日に数回乗れば、ベアリングに水が浸入し、ガタの原因になりますからねー。私1台目のバイクは、雨の日もかなり乗ったので、BBに水が浸入し、ガタガタになり交換した経験があります。
今は、ローラー台があるので、雨の日は基本ローラー。
でも最近仕事疲れがたまっているせいか、かなりさぼり気味、、、
6月も今日で終わり。今年も半分過ぎました。
自己満足の世界ですけど、今年は去年より走りの内容が充実している気がします。
今月、721.1㎞走行。実走:424.28km ローラー台:296.82km
今年に入って:5270.45km
それにしても、ガレージの中は蒸し風呂のように暑くって、ローラー台の上で、熱中症になりそー。
皆も熱中症には気を付けて乗りましょねー。

[PR]
by ratch_ue | 2012-06-30 23:18 | ロードバイク

キャノンデールロードに乗った素人インプレ

b0078370_833658.jpg

タイムリーな話題でなくなってしまったけど、先月のジンジン1周年イベントで各メーカー試乗会が行われていた中で、特に印象に残ったキャノンデールのスーパーシックスEVOとCAAD10のインプレをちょいっと。

スーパーシックスEVO
言わずと知れた、超軽量フレームをうたい文句に昨年デビューしました。
誰しも、700gアンダーという超軽量フレームが生み出す走りがどれほどのものか、興味がわくところでしょう。
乗車前には、ポジションをできるだけ自分のバイクのスペックに合わせます。EVOのシートポストは後方にオフセットされているFSA製のもの。サドルも自分の好みのポジションへ合わせます。
やっぱり持ったら軽いですね。走る前からワクワクします。
さっそく、フラットな海岸沿いから、ちょっとした坂まで、そのポテンシャルを試してみます。
走りだして、すぐに感じたこと。
乗り心地、これいいやん!結構なハイスピードでも細かい凹凸をうまく吸収してくれます。大丈夫かいや、と思えるほど細いシートステイとチェーンステイが、振動をうまく吸収し、細かいギャップでもペダルの回転力が空転することなく、すぐに次のトラクションへとなめらかにつながっていくような感覚。これは登りで路面が荒れているところで、確実に有効と思いましたね。これが一番の優れたポイントで、まじ気に入りました。
逆に走っている限りで不思議と軽い!という驚きはなく、どの性能が秀でているとかではなく、登り下り、ブレーキ、ハンドリングなどすべてにおいてバランスがよく、何の違和感もなくスムーズに走れる!というのが感想でした。
加速感覚でいうと、コルナゴC59やピナレロドグマの方が、踏み込んだとき、ドッカーンとダイレクトに進んでいく感覚はいいんでわくわく感がある。ドカーン加速に対して、EVOはスルスル加速していくというイメージ、走りの面白さという点では前者に譲るけど、長く飽きずに付き合える相棒、長距離でもラクできる。
結論、キャラは濃くないけど全ての教科が成績優秀な優等生、弁当でいうと栄養バランスが良い幕ノ内弁
当!?C59やドグマは、ガツンとスパイスのきいた大盛カツ弁当なんですね。
EVO、フレームで40万円切り、完成車Dura仕様で75万切り、円高水準が続いているので、これが各々もうちょっと安くなってくれれば最高!と個人的には思いました。(2013年ピナレロ、安くなってますよね!)

CAAD10
アルミフレームなんだけど、私のオルベアより軽快に走ったのには驚きを禁じ得なかった、、、
EVOの後に乗ったこのバイク、もちろんEVOの方がトータル性能はいいんだけど、個性を伴った楽しさ性能は正直CAAD10、勝ってましたよ。何が良いかって、ペダリングにダイレクトに反応するフレーム特性、これが本当に楽しい。スピードの乗りは確実にEVOなんだろうけど、速さ=楽しさではないんだ、というのをCAAD10は教えてくれる。人間の感性にマッチしたバイクは本当に楽しい。
完成車に装着されていたホイールがマヴィックのベーシックグレード、アクシウムだっただけに、キシリウムSL、RSysもしくはシマノであればDuraAceC24orRS80といった、どちらかといえば乗り心地に優れた軽量ホイールに交換すれば、ぐんと軽快感はアップし、バランスが良くなると思った。
また、ちまたで変速性能の評判が芳しくないBB30対応のクランクですけど、完成車に装着されていたFSAのコンパクトクランクは、悪くはありませんでした。これが経年劣化でどう変化していくか、というのが問題になってくるんでしょうね。
価格、完成車で105グレードで20万切れ、アルテグラで20万円台半ば、ですよね。
これに乗れるロード初めての初心者の方は、幸せだなー、なんて思います。まじで楽しいバイクでした。
[PR]
by ratch_ue | 2012-06-22 08:01 | ロードバイク

マイヒルクライム5km&小岱山TT

b0078370_10135178.jpg

梅雨に入り、田植えの季節になりました。雨の日も多いので、外に出るのかおっくうになりがちですけど、走ってますかー?

先週は、壱岐のレースとか、先月のヒルクライムで、自分の弱点がわかってきたので、これは登りの練習もしていかなんねー、ということで、マイヒルクライム5㎞を設定し、登ってみました。
自宅から、西側に山があり、舗装路のてっぺんのお寺まで距離にして5km、標高差約270mで、そこそこいい練習になりそうな坂です。
自宅からすぐ近くなのに、今まで行かなかった理由は、道があまり良くなく、苔が生えていたり、落ち葉で覆いかぶさっていたり、最後の500mくらいは穴ぼこだらけのガタガタ状態だったりと、走って気持ち良い道ではなかったからです。一度カブで行ったときは、前後輪滑ってこけそうになりました。
自宅をスタート地点として、8割くらいの力で、マイペースにて登っていきます。最初はベンチマークになる指標がほしいですもんね。
最後のバフェは一桁スピードと、かなりしんどかったですけど、無難にこなし登頂。
いろんな走り方を試していければと思ってます。

走行日:6月13日 走行:5.01km タイム:19分30秒 平均速度:15.4km/h 最高速度:38.8km/h 平均心拍数:156bpm 最大心拍数:173bpm 平均ケイデンス:67rpm 合計上昇量:273m 

そして、昨日日曜日は小岱山TTへ。いやー、ここ素晴らしい道でしたよ。
南関町側の農道出口から県道3号を大牟田方面に向かってスタートします。
b0078370_9473363.jpg

県道沿いは車両も多いので安全運転ですね。
三井グリーンランド入り口ウルトラマン交差点を左折、2キロほどで農道を左折、ここからがかなり厳しい登りです。ここで足を使い切ってしまうと、後がないのでマイペースマイペース!!というか、のぼりが長いので、正直しんどい。ここを切り抜け、メインステージへ。
大学から約10キロ続く、新設の農道へ。
この道は、知られてないせいか、交通量が皆無に近く、おまけにフレッシュな舗装で、景色も良く、牧野や林の中の山岳ワインディングは、走れる人にとってはこの上ないサイクリングコースでしょう。しかし、登っては下りの応酬で、ホントにきつく、山岳コースの練習にうってつけといった感じのコースです。
序盤登りで、牧場の犬に追いかけられ、必死になって逃げます。逃げ遅れ、噛まれるか思うと怖かったです。
そこからもまだかまだかとうんざりするほど急な上り下りが繰り返され、もうホントきつさMAX。終盤、有明海の景色が見えるころ、終盤約3キロは下り基調になり、トップギアで駆け抜けていき、やっとの思いでゴール。
いや、短い距離だけど、すごい楽し苦しいTTでした。
b0078370_10125790.jpg

走行:24.41km タイム:50分04秒 平均:29.2km/h 平均心拍数:159bpm 最大心拍数:207bpm 平均ケイデンス:87rpm 獲得標高:406m
b0078370_10132643.jpg

途中、よさげなレストランもあったので、今度行ってみたいです。
[PR]
by ratch_ue | 2012-06-17 09:04 | ロードバイク

ザ・バトルin壱岐

b0078370_017430.jpg

(↑ 壱岐ののどかな風景、ここで壮絶な戦いが展開されたのだった。)
壱岐サイクルフェスタのレースから先ほど生還しました。
まず結果はエキスパート50kmクラス60位で、自分としての目標は達成したレースでした。
しかし、最後まで気の抜けない厳しいバトルが続き、ゴール前では人生初のゴールスプリント、ライバルに鼻の差で敗れ、ちょっと悔しいレースでもありました。
以下、レポートです。
このレースに出るのに、土曜日を休むために、月から金まで残業を頑張りすぎたせいか、出発前日の夜は帰ってくるなりあまりのしんどさで寝床に倒れこみました。それでも、土曜日はきちっと4時起床。準備を整え、今回船の手配から、宿の手配までお世話になった問題サラリーマンさんと博多港で合流し、8時のジェットフォイルで壱岐に向け、出発です。
早めに行って十分下見をするためにですね。
b0078370_23255193.jpg

下船すると、レースに出る人たちが、そこらじゅうでバイクを組み立てています。
皆さん、輪行バッグに愛車を詰め込んで、遠征しているんですね。港からは自走で移動です。
b0078370_23274790.jpg

午前中のうちに、試走を済ませます。
試走中、登り下りの斜度や距離、平地などを鑑み、作戦を立てます。登りの長い個所は、最初から無理して回しきらない、とか逆に短いのぼりは、多少重くてもダンシングで登り切り、次の下りに備える、平地でのローテ作戦、などは、やっぱり下見をしといて初めて作戦がたてられます。
ルートは、マイTT50キロにそっくりなところもあり、心の中ではシメシメ、なーんて思ってしまいました。
私の実力からして、ほぼ1時間35分~40分だろう、と予測。目標は高めに、1時間35分を目指すこととします。
結果的に一度試走をしておいて確実によかったですね。
b0078370_2335841.jpg

前夜は、9時には就寝、当日4時には目が覚めます。
スタート順を確保するために、早めに行って受付前に並ぶ作戦!です。
7時40分からの受付予定でしたけど、6時過ぎにはスタート地点に到着しました。なんと私たちが3,4番目、早く来すぎた!!
1時間もするとこんなに並んでました。
b0078370_23391554.jpg


スタート前まで時間があるので、クラブの人たちと談笑したり、ウォーミングアップをして足を温めます。
私たちはエキスパートクラスで1列目です。
後ろはこんな感じ↓
b0078370_23415794.jpg

前はエリートクラス(上級)↓
世界のサトウ選手はスタート5分前にようやく登場。みんなでいないいないと心配したのに、すごい余裕です。
b0078370_23441377.jpg

8時40分に一斉スタート。すぐトンネルを2本くぐりますが、その間は大量の車両が所狭しと肩肘ぶつかりそうになりながら、走っていきます。最初の登り、橋の上では速いライダーがかなりのスパート。私は足が温まらないスタート直後はすごく苦手としており、相当数の車両に抜かれていきます。橋超えて、のぼりに差し掛かったとこでは、もう息も絶え絶え、心肺機能が100%MAXの仕事をしていて、きついのなんの、心臓が飛び出そうな感覚でした。
20キロ近くまで登り下りが繰り返しあり、本当にきつい。序盤はかなりタイムが悪く、ターゲットタイムよりかなりディスアドバンテージ。それでも下りコーナーとかでは危険な個所もあるので、安全マージンを十分に取りながら走っていきます。早い段階で、テツさんと一緒のグループに、20キロ弱の時点で、問サラさんからも追いつかれます。20~30キロまでは比較的フラットな道が続きます。ここでは7,8名のグループでローテーションを組みながらの走行になったので、呼吸もすごく楽に。また足の合う集団だったので、足の負担もかなりこの区間で軽減され、タイムもターゲットに近いところまで挽回します。これも作戦のうちです。
もう一つの作戦は30キロ過ぎにある、長いのぼり。ここでは、回転重視で無理せず登りきることです。
ここではかなりのスピードをキープできたお蔭で、グループの先頭へ。
次の登りでもグループの先頭へ、と思いきや、テツさんから抜かれました。10キロ付近からずーっと前後しています。
テツさんとのバトルは残り1キロの登りにまでもつれ、ラスト200mくらいで私が前に出て、もう絞り出すものがないくらいの全精力を投入し逃げの体制に持ち込みますが、なんとゴール残り5mくらいで逆転をくらい、のぼりのゴールスプリントに敗れ去りました、、、かなり悔しかったですけど、全力で戦ったので、不思議と悔いはなかったし、楽しかったですね。それとチームの仲間がゴール近くで応援してくれたのが、一番うれしかったぁー。
タイムは、目標を上回る、1時間34分12秒。仕事でなかなか時間が取れない中、やりくりしながら練習してきた成果がちょっとはでてきたかな、という感じです。これに満足せず、もっと上を目指していきたい!です。
仲間とまた、楽しく練習して上達していきたいと、今日はすごーく思いました。
 ↓ エキスパート50キロクラス表彰。
b0078370_015411.jpg

 ↓ エキスパート50キロ女子クラス表彰。
b0078370_016058.jpg

 ↓ エリート50キロクラス表彰。世界のサトウ選手!おめでとー!!
b0078370_0161865.jpg

[PR]
by ratch_ue | 2012-06-10 23:44 | ロードバイク

ヒルクライムシリーズ

ヒルクライムチャレンジシリーズが九州では2か所で開催される予定で、それにチャレンジしようと思ってます。
8月18日、19日:高千穂 天岩戸プレ大会
9月8日、9日:雲仙普賢岳大会
これはチャレンジしがいのありそな大会ですー。
詳しくは、ヒルクライムチャレンジシリーズホームページへ。
[PR]
by ratch_ue | 2012-06-05 21:20 | ロードバイク

壱岐に向けて

壱岐のレースが来週なので、調整をかねて走ってきました。
先週は火曜、金曜にマイ50KmTTにて練習。
今日を含んで1週間で3回走れました。
火曜日はホイールをキシリウムSLへ、金曜日はコスミックカーボンSL、そして今日は、フロントにキシリウムSL、リアにコスカボのリム高異サイズを組み合わせ、テスト走行。
結果的には、キシリウムSLをはかせたときのタイムが良い。
各々火曜1時間43分20秒、木曜1時間43分50秒、そして今日は1時間44分01秒。
キシリウムでレースに出ますー。

重い足を引きずって荒尾のTTへも行きましたが、曲がる個所を間違え、荒尾市街地まで出てしまい、夕方だったので、もう今日は帰りました。こちらは再挑戦です。

もう眠いので寝ますー。
[PR]
by ratch_ue | 2012-06-03 22:25 | ロードバイク



オフロードバイク・自転車のある生活 トライアルやロードバイクについて
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
検索
以前の記事
フォロー中のブログ
マイリンク
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧