いつまでもナナコロビヤオキ

カテゴリ:ロードバイク( 156 )

沖縄100kmの戦略

b0078370_21204065.jpg

泣いても笑っても、ツールドおきなわ、市民レースまであと6日となりました。
我々のような市民レーサーにとっての甲子園、アマチュアが最終目標にするレース、これこそオキナワなんですね。

バイクの仕様はすでにオキナワ本番仕様にしています。
コース的には、準山岳コースであることを考慮し、昨年よりリアカセットをワイドレシオにし、特に下りでのケイデンスを抑えるために、11-25としました。
フロントはコンパクトクランクで十分と考え、摩耗していたアウターリングを交換したのみ。
ホイールは軽量、かつ高速性能にも優れたパフォーマンスを発揮するマビック、キシリウムSLで決まり。海沿いを走るので横風のことも考慮しました。もちろんクリンチャー仕様です。
タイヤはコンチネンタルGP4000Sです。特に高速走行時の安心感に秀でていますし、ハンドリングもニュートラル。耐パンク性能も高いものです。

さて、本番当日、そんな戦略を立てていくのか?
スタート直後に200mのヒルクライムでふるい落としがいきなりきます。
これがあったので私は、今年ヒルクライムのレースに数回出走し、いきなりの坂でも自分なりのペースで走れるようトレーニングしてきたつもりです。
スタート直後は、我先に、と結構殺気立ったものがあるので、あくまでもまわりに飲み込まれることが無いよう、マイペースを維持し、後半に備える戦略です。
平地では、足の合うもん同士でローテ組作戦ですね。
標高が400mと一番高い本島超えの区間ですが、斜度はせいぜい福岡の日向峠程度なので、あせらず落ち着いていつものペースをキープしながらいくこと。
気持ち的には、80キロ過ぎにスパートがかけられるよう、力を温存し、ハンガーノックを避けるために、水はちびちびとこまめにとるってとこですね。
まあ、細かい作戦はここに書ききれないくらい、色々とありますが、一番重要なのは、体調管理!これにつきます。
今は本番直前なので、テーパリングと言って、疲れを抜く期間と考えています。
昨日は、がっつり185km走り込んだので、今日はローラー30分LSDのみ。
今週はとにかく疲労を残さないよう、本番に向け、しっかりと体調管理、やっていきます。

とにかく、走りを考え、踏むところは踏み、セーブするところはセーブし、そして存分に楽しみたい!と思ってます。
[PR]
by ratch_ue | 2012-11-19 21:47 | ロードバイク

背振山ヒルクライム

b0078370_2205113.jpg

今日は雨の中、背振山ヒルクライムに参戦してきました。
朝、6時から受け付けとのことで十分間に合うつもりが、道に迷ったり、集合場所を間違えるオオボケをかました挙句、受け付け締め切りギリギリの7時半到着の大チョンボ!
急いで準備をして、10キロほど離れたスタート地点へ移動。スタートには間に合いました。
今回は4.5キロ、標高差300mを2回走り、その合計タイムで争われます。
背振山の佐賀県側を頂上付近まで登るルートです。
雨は降り続きましたが、幸い気温が高く、寒くないのが救い。
1回目は4台同時スタート。
斜度は平均6%ほどでしょうか、着いてすぐにスタートだったせいか、足が回らず、かなり苦戦を強いられました。
雨で路面ミューが低いので、極力ダンシングはせず、シッティングで。
それでも中盤以降はばてあがり、まともな走りをさせてもらえなかったですね。
今登ってきた坂を下り、2回目スタートは20秒おきです。
スタート時にクリートがうまくはまらず若干のタイムロス。
500mくらい過ぎたとき、中学生女子ロードレーサー、Mちゃんにあっさり抜かれます。凄すぎる。
それでも1回目よりは相当調子も良く、セカンドギアで回しこんでいきます。
ゴールまでたれることがなかったのが収穫。
結果、39分07秒で40歳代クラス、3位でした。
b0078370_2227977.jpg

さてTD沖縄まで2週間。この余勢をかって、波に乗っていきたいですね。
[PR]
by ratch_ue | 2012-11-11 22:29 | ロードバイク

いさはやTT100km参戦!

b0078370_2312121.jpg

まさしく下手の横好き、というか平地下手な私ですが、諫早の干拓地タイムトライアル(TT)レースに初参戦してきました。
エントリーしたその時点で、ヨーイドンで100kmはしればいいっちゃろうもんってな具合で、TTというものがどのようなルールかもいまいち把握してませんでした。
ツールドフランス等の映像にて、1台ずつロケットのようにカッ飛んでいくバイク、まさしくこれがTTやねーと、徐々にイメージもわいてきました。
オキナワの前なので、100kmは予行演習としてトレーニングにもなるとの思いもあって、エントリーをしたんですね。
しかし、TTにノーマルハンドルで出るという話をすると、合う人会う人皆、TTやったらハンドルくらいはDHバーにせな!と言われました。皆さんの助言を聞かなかったわけではないですが、ここはオキナワの練習と思い、あえてノーマルハンドルにて出ることに。
当日会場に到着し、TTバイクの多さに圧倒されます。ロードレースとはちょっと違う雰囲気を醸し出しています。
b0078370_2325066.jpg

10キロの本コースにて試走も1周行い、私のスタートタイム、9時3分30秒にスタート。
いきなりスタート台でチェーンが外れかかる失態を演じるも、事なきをえ、無事スタート。
今日の目標は、イーブンペースで走り切る!!です。
大体80%くらいの力をイメージしながら、クランクを回しこんでいきます。
コース前半は追い風でスピードが乗り、後半は向かい風でスピードがかなり落ちます。
1周目後半、後方からコーォコーォ、、と新幹線の風切り音にも似たような音が背後から近づきます。ディスクホイールを履いたTTバイクにあっという間に抜かれていきました。
まさしく新幹線と普通電車くらいのスピード差に唖然としながら、それでもマイペースを守っていきます。
コースはすべてフラット。逆に、どの程度で走れば力を100km発揮できるか?ペース配分がいまいちわからず、スピードが小刻みに上がったり下がったりを繰り返します。
b0078370_2317136.jpg

3周目までにもうかなりのバイクに、それもとてつもないスピードで抜かされていきます。
抜かされても100km先のことを考え、マイペースを貫きます。
フォームも風圧を考え、頭で風を受けるよう、下向きで走ります。途中、ハンドルの持つ位置を、ステム付近の中央に持ち帰ると、風の抵抗が減り、若干スピードアップしますが、すぐに腕が疲れるので下ハンに持ちかえます。TTバイクのハンドル形状がなぜロードと異なるのか、走りながらわかった気がします。
後半は、ほぼラップタイムも変わることなく、最終周に最高速度を記録し、無事完走!!
いやー、ほんと疲れました。次回はせめてDHバーを付けて、出てみたいですね。
ちょうど、オキナワ前のシミュレーションにもなったので、ペース配分等、今回のレースを活かしたいと思います。

100kmタイムトライアル:2時間58分40秒 総合36位(63台中)
平均速度:32.9km/h 最高速度:40.5km/h(10周目に記録) 平均心拍数:155bpm 最大心拍数:168bpm 平均ケイデンス:88rpm 
[PR]
by ratch_ue | 2012-11-04 23:35 | ロードバイク

耳納ヒルクライム最終戦

b0078370_223658100.jpg

今日は、久留米のパラボラにて耳納ヒルクライムの最終戦に参加してきました。
朝のうち降っていた雨も止み、路面はハーフウェット状態。
毎年のことらしいが、最終戦は参加者が多いとのことで、今日も25人ばかしの坂バカさんたちが集まりました。
顔ぶれは、各地のレースにて優勝してたり、入賞するようなつわものぞろい。
レベルの高い争いが容易に想像できました。
今日の作戦は、体力温存のため、前半はやる気が無いくらいにちんたら走り、後半の急斜面に備える、です。
私は9番手スタート、直後から登りですが、無理せず、サイクリングのペースでゆっくり走っていきます。
ホント亀のような遅いペースで後ろがやたら気になりましたが、マイペースをキープ。前回は3キロ過ぎで、息が切れてましたが、今回は何とかクリア。
6キロ後半からかなりの急斜面。今回はシッティングでダンシングのように、バイクを左右に振りながら上がっていきます。いつもながらに、もう相当きつかったです。
結果は32分59秒と、自己記録を1分24秒上回るタイムでした。
今回はレベルが相当高く、30分切れのタイムを出された方は、8名も!
来シーズンもできるだけ参加し、何とか30分台を頑張って出したいと思っています。
b0078370_9573524.jpg

[PR]
by ratch_ue | 2012-10-28 22:57 | ロードバイク

セキアヒルズ by 水曜会

b0078370_915479.jpg

今朝は、久々に水曜会へ走りに行ってきました。
晩の帰宅が午前1時ごろになり、睡眠不足の状態で今日もぎりぎりで自宅を4時20分出発。
出発前、寒いのでウインタージャケットを着ていこうと思い、いったん着たものの、水曜会の特訓で汗まみれになることは目に見えていたので、急遽ウインドブレーカーに着かえて行ったけど、正解でした。
6.5度とピンと張りつめた空気の中を、ヘッドライトの明かりが切り裂きます。
1か月後には氷点下やねーと思いながら、時間もないので飛ばし気味にウルトラ交差点へ。
集合場所にはすでに水曜会メンバーさん6名が来られていました。挨拶や自己紹介するまもなく、今日のメインディッシュ、セキアヒルズへGO!
ヒルズの下から、ヒルズ教会まで2.5kmのヒルクライムを、一斉スタート!
朝っぱらからゼイゼイハーハー、息も絶え絶えでしたが、皆さん10分弱くらいでゴール。
短くとも、かなりパンチのある、また教会がゴールというしゃれたコースでした。
b0078370_9261459.jpg

やっぱりみんなで走ると、刺激をもらえますよね。
帰りは平地練習をアップテンポで走りながら、散々午後解散。
貧脚の自分としては、自分なりにかなり良い感じで走れてきているので、気分も上々。この調子ですー。

本日の走行:54.75km
[PR]
by ratch_ue | 2012-10-24 09:30 | ロードバイク

雲仙へヒルクライム

b0078370_619116.jpg

先週に引き続き、島原半島へ行ってきました。
今回は、おちまささんのお誘いにて、熊本のトライアスロン愛好者の皆さんに便乗することに。
家から集合場所の長洲港まで25キロ、ほぼフラットなルートを選び、平地練習がてらAve30以上にて、50分で到着。
今回は13名ばかしが集まられていました。50歳代が半数以上なんですが、トライアスロンで鍛えられた皆さん体格が良い。
b0078370_626651.jpg

フェリーで多比良港上陸後、百花台公園まで移動。
そこから峠のいちばん上まで約10kmのヒルクライムですが、スタート前は皆さん景色でも見ながら楽しく走ろうって余裕顔。
b0078370_6312421.jpg

一斉スタート後、しばらくはゆっくり走るも、斜度が増してくると本気モードに。おちまささん、スタートから単独逃げの大勢へ。あっという間に差が付き、すぐに見えなくなりました。
それにしても、トライアスリートのみなさんタフです。中間地点付近で抜かれた後、ジリジリと差を付けられますが、もうインナーローに入れっぱなしでも心拍数MAXで全く余裕なし、、、、
40分くらいでようやくゴール、、、、
b0078370_6442223.jpg

練習と思い、はじめちょろちょろ中ぱっぱ、と考え後半にパフォーマンスを発揮しようとの思いは、思うようにいかず。
おちまささんは、私より5分速いタイムで、それもアウター縛り!もうこりゃ人間のパワーが違いすぎますね。
ちょっとやそっとの練習では追いつかないはずですよね。

帰りのフェリーでは、座席の一角を独占し、トライアスロンウェアとかオークリーグラス秘話など、いろんな話に花が咲き、楽しいフェリーの移動で、2時には長洲港に到着。

今日は先週と違い短い距離でしたけど、違った練習ができ、楽しく和気あいあいと走れてよかったです。
熊本トライアスリートのみなさん、お世話になりました。

本日の走行:90km 自宅から長洲港までの往復52km 雲仙で38km。
[PR]
by ratch_ue | 2012-10-21 21:17 | ロードバイク

有明海1周300kmラン

b0078370_220190.jpg

今年のはじめに北回り、夏に南回りにて走っている有明海沿岸、しかしながらいずれも正確には半周なので、ここは北回り+南回り=有明海1周300kmを走ってきました。
300km、なのでペースはLSDとし、ゆっくり目です。
自宅を暗闇の中、4時35分に出発、先週テストしたヘッドライトが生きてきます。
みやま市を通過し、柳川市内へ、信号が多く、道もごちゃごちゃしていてペースが上がりません。
市内を抜け、筑後川を渡り、佐賀平野を見渡しながら信号も少なく、一気にペースアップ。鹿島からは有明海を望みながら諫早堤防道路へ。8時半ごろ通過します。
ここまで116㎞、ぶっ続けで走り切りました。
島原半島上陸後、東回り(島原方面)か西回り(小浜)にするか考えました。東回りだと、距離は遠いがほぼ平坦です。西回りはその逆でアップダウンが多い(ツールドオキナワの海岸線ルートに似ている)。そこでここはオキナワの練習と思い、西回りへ。しかしこれが仇に。
愛野の長いのぼりで、頂上に差し掛かろうかという時に、みぎ膝からピキッと鈍い音が、痛みが走る。しばらく休憩したら、多少回復してきたので、ここは無理せず、ゆっくりマイペースで。
b0078370_22212425.jpg

グランフォンド島原で走った、富津漁港の道は、両サイド切り立った岩から木漏れ日が差し込み風情があって感じよし。
ここから小浜温泉を超え、天草行きのフェリー乗り場、口之津港まで、ぼちぼち走るも、かなりアップダウンが続くので、足への負担が大きく、途中休憩も入れながら、11時15分くらいに港へ到着。ここまで走行距離165㎞。
b0078370_22303312.jpg

出航が11時50分で、30分の乗船時間があり、十分休憩が取れるので、ストレッチを入念に。
天草の鬼池港から、本渡の町を通過し、橋を渡り、上島へ。膝がまだ芳しくないので、コンビニで長時間の休憩&ストレッチを繰り返す。
これが功を奏したか、足はかなり回復し、三角港まで43㎞、一気に走り抜ける。天草はゆるいアップダウンが多く、じわじわ疲れが体に、お尻もかなり痛い。これはまさしく修行僧か?
b0078370_22391524.jpg

三角の港では、ハワイアンダンスフェスティバルなるものが開催されていて、休憩がてら、出店にも立ち寄り、飲み物&ドーナツ補給。しばしダンスを見物し、疲れをいやす。
b0078370_22402873.jpg

ここまで227㎞、あと約70㎞だぁ。三角半島沿いの道路は、路肩の白線に音が鳴る凹凸があるわ、舗装の地割れが酷く、ガツンガツンとハンドルに衝撃が伝わり、ただそれだけで疲れが増幅する。
国道57から501号へ向きをかえ、最後金峰山のふもとのアップダウンを辛くもこなし、走行中は自分に鞭を入れ、休憩もいれて、辺りも暗くなった6時半にやっとで生還。一人ブルべをやってきました(笑)。
帰ってから体重をはかってびっくり、57.5kgしか無く、一気に2.5kものダイエット。
これで疲れたぁー、なんて言ってるようじゃ、まだまだですね。

本日の走行:300.01km 平均速度:28.1km/h 平均心拍数:141bpm 最大心拍数:162bpm 平均ケイデンス:79rpm 獲得標高:1310m
[PR]
by ratch_ue | 2012-10-14 22:53 | ロードバイク

最新のライトは明るい!

日曜日は昼間に用事があったので、早朝と夕方のダブルヘッターで50キロずつ走ってきた。
朝の5時、暗いうちから出発した。
ちょうどキャッツアイのヘッドライトが届いたので、そのテストもかねて。
今回採用したのは、充電式のライト、キャッツアイ HL-EL540RC
テスト結果は、過不足ない光量で満足できるものだった。
ハイとローの切り替えがついているが、その差はさほど感じられなかった。
 ↓ ハイモード(バッテリーの持ち:4時間)
b0078370_20243098.jpg

 ↓ ローモード(バッテリーの持ち:16時間)
b0078370_20244692.jpg

ハイとローは、車でいうハイビームではなく、光量アップモードとノーマルモードといったとこ。
明るさがさして変わらず、バッテリーの持ちも良いため、ローモードのまま走行したが、県道や道幅の広い林道程度では問題なし。視認性が良いため、定番TTのジェットコースター坂を昼間と同じスピードで走行できた。
かなり遠くを照らすという点では合格!今までのものとは全くの別物だった。
つづらおれの林道を走った際、スポット的な配光なので、コーナーの先の視認性に問題はあり。これはどんなヘッドライトを付けても同じことなので、配光を横に広げるためには、2灯にする、もしくは頭にヘッドライトを取り付けるのがよいと思った。
b0078370_203834100.jpg

ついでに、グラスはOGKビナート・3Rを採用。レンズが3セット付、価格は5000円程度とリーズナブル。
これはフィット感も良く、ぐらつかず、目への風の巻き込みも感じられず、よかった。
夜用としてクリアレンズがついているので、暗いとき用のグラスができ、これで走る時間帯が増え、忙しいサラリーマンには助かる限り。
[PR]
by ratch_ue | 2012-10-07 20:43 | ロードバイク

アサレン

b0078370_8193880.jpg

今朝は水曜会、だったんですが、忘れ物を取りかえったりしたこともあり集合場所に遅刻。
ひとりアサレンをしました。
ルートは荒玉定番TT。ここんとこ朝晩冷え込むので、ウインドブレーカーに身を包む。
英彦山でもがいてきたせいか、いつもの坂が思いのほかきつくはなく調子いい。
だからというわけではないが、途中坂をアウターしばりで登ってみた、、、が坂を超えたとこでマジきつく息絶え絶え、足も逝ってしまった、、、、まだまだですなー。
山の上から、上空を仰ぐと飛行機雲、山の彼方は朝焼け、しんと静まりかえったその場所は、空気が澄みきっている。気持ちいい。
今年もツールドオキナワ100kmにエントリーしたこともあり、山を降りてからは平地練習。
私は山はそこそこ走れても、なぜか平地が苦手、、、全体のレベルアップをしないと、オキナワのレースは厳しい。だからというわけではないけど、今はカセットを11-23に替え、コスカボを履き、平地仕様。
b0078370_8364091.jpg

11月4日にある、諫早干拓地TTにも100キロの部でエントリーした。ここもオールフラット。
山&平地、バランスよくどこでもそこそこ走れるように練習頑張らんば、、、、
本日の走行距離:57.07km 27.1km 平均心拍数:147bpm 最大心拍数:176bpm 平均ケイデンス:82rpm 獲得標高:530m
b0078370_838219.jpg

野に咲く彼岸花にしばし癒されます。
[PR]
by ratch_ue | 2012-09-26 08:39 | ロードバイク

英彦山ヒルクライムに初出場

b0078370_7354969.jpg

今年で22回目となる歴史ある大会英彦山ヒルクライム“正式名:英彦山サイクルタイムトライアル大会”に行ってきました。うわさにたがわず、心臓破りの超ハードな15キロのコースでもがき苦しんできました。
さて、今回参加にあたって、私の少ないヒルクライム経験から、以下の作戦を考えました。
まず、本番前3日間くらいは、足に疲れを残さぬために、アップ程度にとどめる。
これは、1週間乗り込んだあとに定番TTでタイムを計ったら、疲労で足が回らずまともに走れなかったため。
次に、コースの斜度を見ると、最後3キロが急斜面になっているので、12キロ地点まではマイペースで、残り3キロに全精力を注ぐ!!です。
最後に、試合中のエネルギー源になる糖分や、BCCAアミノ酸を積極補給し、足の疲労を抑える。コンディション調整のための食事に気を付ける、といったところです。
ライバルも来ています。高千穂で前半バトルし、ちぎられたBさん、壱岐では同じくバトルした、tetsuさん、要マークです(笑)。
今年は450人もの参加があり、知り合いを探すにもどこにいるのやら、なかなか見つかりませんでしたが、スタート前には一通りあいさつします。
私の隣に車をとめられた方は、なんとトレックのロードにヒルクライムスペシャルのチューニング、MTBのリアカセット、デオーレXTの11-34を付けてきていて、面白いことするねーと色々ロード改造話に花が咲きます。
タイム計測は無線タグを使用するため、スタート順によるハンディは無いと判断し、スタート場所集合時にはゆっくりトイレに行って後方に並びます。スタート時の気温、16度と絶好の日和。
クラス別のスタートでCクラス(40代オヤジクラス)が136人一斉スタート。
スタート後は混雑のため、無理せずしばらく流れについていく。それでも最初から心拍数はあがり、170を示している。2キロくらいの地点だろうか、前方で落車が発生し、それをよけるのに多少の渋滞が生じたが、大勢に影響はなし、3キロまでは6%くらいのダラ坂が続き、もうこの時点で心肺機能がMAX、本当に呼吸が苦しいが、足の動きはそこそこ回して乗れている。途中かなりの下り坂で呼吸を整えようと思うも、数台の車両と抜いたり抜かれたりを繰り返し、前に出るところか、後方集団のペースにはまり切っている感じである。10キロ過ぎまでは緩やかな坂が続きそこまでは、周りとペースが一緒。11.5キロ付近から10%超えの急斜面にさしかかり、私の原チャリなみの心肺はもう心臓が止まるか思うくらい、限界!!しかし足はまだ残っていてダンシング~シッティングを繰り返し、シッティング時は、ペダリングの押し引きを均等に使いながら、回しこむ。
コーナーもあえて斜度の急なイン側のラインをとり、かなりの台数をパスできた。
最後0.5キロ、本当にきつかったけど、倒れ込むようにゴール!!手元の時計で49分。自分としては全てを出し切った、という感じで満足感、満腹感があるレースでした。
b0078370_843664.jpg

それにしてもゴール地点の寒いこと、、、ゴール後火照っていた体も一気に冷え、
凍えながら山を下り添田町の閉会式会場についたときにはほっと一息。この前まで猛暑だったのに、確実に秋が来て冬が近づいているんやねー、と季節感を感じつつ、ウインドブレーカーの1枚も持っていかなかったことを後悔。
成績はCクラス128人完走中43位。総合で421人完走中135位と、タイムは48分59秒と初めてにしては満足できる結果でした。
その反面、弱点が明確にわかったので、弱点リカバリーのトレーニングもやって、来年は1分でもタイムを短縮できるよう頑張りたいです。
距離:15.39km タイム:48分59秒799 平均速度:18.8km/h 最高速度:53.3km/h 平均心拍数:166bpm 最高心拍数:178bpm 平均ケイデンス:80rpm 獲得標高:768m
b0078370_8531332.jpg

Aクラス、パラボラの若手エースが優勝。タイムはなんと37分台!!オメデトー!
(優勝賞品の液晶TV、アクオスがうらやましー)
[PR]
by ratch_ue | 2012-09-24 08:55 | ロードバイク



オフロードバイク・自転車のある生活 トライアルやロードバイクについて
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
検索
以前の記事
フォロー中のブログ
マイリンク
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧