いつまでもナナコロビヤオキ

2STと4STライディングの違い

私は早、4ストに乗り換えて半年ばかし経とうとしています。
バイクをチェンジしたとき、慣れるまで時間がかからない人もいれば、相当時間がかかる人もいます。私は完全に後者です。
2ストと4ストと、実戦のライディングで一番異なるのは、アクセルワークでしょう。
この点、私は一番苦労しました。選手権の初戦では、アクセルに対してマシンが進みすぎ、行き過ぎては戻しと、ギクシャクしたもんでしたね。2スト癖が抜けてなかったんですね。
逆に、高いダム型ステアなどは、2ストでは早めに閉じて次の体勢に移るのですが、4ストは張り付きながら、アクセルはちょい長めですよね。
4ストを乗り始めた最初、2スト乗りで、何回か、2メートルのダム型を失敗し滑落しました(-_-;)
4ストは、そのグリップの良さを武器にして走りこなすべきでしょう。
グリップがいいので、あまり開けなくても走ってくれますし、開けないほうがギクシャクしなくていいので、全閉からほんのちょい開け走りのマスターが課題ともいえます。
2ストで、全開で加速をつけて登るようなヒルクライム&ターンでも、4ストでは大概のところは2ストより1段低いギアで十分ですし、ゆっくりとグリップをキープしながら乗る乗り方があってますよね。
逆に、埋まりやすいマディコンディションなど、タイヤの泥をかっ飛ばしながら登るところは3速ギアで全開でもグリップ感がつかみやすく、コントロールがしやすいですね。
皆さん、今やモンテッサのエースライダー、トニー=ボウの走り、見ましたか。チャンピオンをとっていたころのドギー=ランプキンみたいで、必要最低限のアクセルワークで、4ストのメリットをきちんと引き出しているし、メリハリがきちっとしている。また下半身の安定感はピカ一、しばらくビデオを見て、研究しようと思います。
[PR]
by ratch_ue | 2007-07-01 23:29 | トライアル
<< トライアルのGPライダーが優勝! クロスバイクデビュー1年 >>



オフロードバイク・自転車のある生活 トライアルやロードバイクについて
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
検索
以前の記事
フォロー中のブログ
マイリンク
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧