いつまでもナナコロビヤオキ

ナイナー“メリダBIG.NINE”デビュー

b0078370_21371227.jpg

昨日、私初めてとなるMTB、メリダBIG.NINEの納車、で今日はさっそくシェイクダウンに行ってきました。
カーボンフレーム&シマノDEORE XTを基本に構成される車両は名前通り、ホイールは29erです。
3月にしばらく26インチをお借りして乗っていたので、その違いに興味わくところです。
今日はみやもっちさんの内大臣林道ツアーに同行します。
標高250m地点から、約22キロ先の椎矢峠(標高1460m)を目指します。
b0078370_2145226.jpg

序盤は傾斜もゆるやかで、硬くしまった砂利道は走りやすいです。
で、ハードテイルのBIG.NINEは石が多めの砂利でもバイク任せで行ける懐の深さがあるようです。
実際、乗り心地は良く、リアにサスがついとんのか!?と錯覚するほどでした。
これはタイヤのエア圧を1.8に調整したこともあるとは思いますが、フレームがうまく振動を吸収してくれていい働きをしているようです。
b0078370_615928.jpg

b0078370_6153457.jpg

こんなハードパックの林道では、浮き砂利の乗り越えや、轍のある個所でのレーンチェンジなどでも安定感があり、中速以上でのスピード維持が楽な29erの真価が存分に発揮でき、楽しい!!
b0078370_6161236.jpg

平均斜度6%の林道も、楽しく、爽やかな気分で峠到着。
ここからは廃道アタックです。
峠からさらに登り、標高1500mの地点からは遠く阿蘇や熊本市内方面まで見渡せ、眺めも最高!
b0078370_6274443.jpg

b0078370_628197.jpg

しかしながら、ここからは難行苦行の道が、、、
b0078370_629632.jpg

b0078370_6293027.jpg

b0078370_6295235.jpg

幾多の倒木やガレを乗り越えていきます。一歩間違えたら崖下転落、担ぐ時も慎重に足場をよく確認しながら進んでいきます。こんなとき歩くことを前提に設計されたMTB専用シューズは、トレッキングシューズみたいにいいですね。しかしこんなところの連続で、担ぎや歩きで疲労困憊、、、いつもとは違った疲れようです。
b0078370_63196.jpg

平らなところに出てきたら、ホッと一息。
b0078370_6384443.jpg

しかしながら、パンクが頻発!!山行には、予備チューブだけでは足りなくなることもあり得るので、パッチやゴムノリは必携、また転倒で修理が必要なこともありうるので、携帯工具もいることが解りました。
b0078370_6323130.jpg

トロッコの軌道後です。こんな山奥までレールが敷かれていたなんて、、、
しかしながら、後半の細かなシングルトラックは、26インチの軽快感が、やっぱり良いようです。かと言って断然不利かというとそんなこともないように感じました。あとはいろんなセクションを走破する個々人のテクニックの問題が一番、なのでこんなところに来る前に、基本を習得してから来た方が、より楽しめる!ですね。
MTBナイナーデビューにして、凄くハードでしたけど、ポジション再考や装備も含めて、ちょっと解ってきた気がします。
ナイナーだと曲がりにくいかな?重いかな?といった心配は、今日一日で採るに足らないことだったことが一番の収穫でしたね(笑)
いや、楽しいことが増えて体3つぐらい欲しいゾ(笑々)!!
[PR]
by ratch_ue | 2013-05-03 21:52 | MTB
<< 2013耳納ヒルクライムシリー... 4月は上向き! >>



オフロードバイク・自転車のある生活 トライアルやロードバイクについて
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
検索
以前の記事
フォロー中のブログ
マイリンク
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧