いつまでもナナコロビヤオキ

いさはやTT100km参戦!

b0078370_2312121.jpg

まさしく下手の横好き、というか平地下手な私ですが、諫早の干拓地タイムトライアル(TT)レースに初参戦してきました。
エントリーしたその時点で、ヨーイドンで100kmはしればいいっちゃろうもんってな具合で、TTというものがどのようなルールかもいまいち把握してませんでした。
ツールドフランス等の映像にて、1台ずつロケットのようにカッ飛んでいくバイク、まさしくこれがTTやねーと、徐々にイメージもわいてきました。
オキナワの前なので、100kmは予行演習としてトレーニングにもなるとの思いもあって、エントリーをしたんですね。
しかし、TTにノーマルハンドルで出るという話をすると、合う人会う人皆、TTやったらハンドルくらいはDHバーにせな!と言われました。皆さんの助言を聞かなかったわけではないですが、ここはオキナワの練習と思い、あえてノーマルハンドルにて出ることに。
当日会場に到着し、TTバイクの多さに圧倒されます。ロードレースとはちょっと違う雰囲気を醸し出しています。
b0078370_2325066.jpg

10キロの本コースにて試走も1周行い、私のスタートタイム、9時3分30秒にスタート。
いきなりスタート台でチェーンが外れかかる失態を演じるも、事なきをえ、無事スタート。
今日の目標は、イーブンペースで走り切る!!です。
大体80%くらいの力をイメージしながら、クランクを回しこんでいきます。
コース前半は追い風でスピードが乗り、後半は向かい風でスピードがかなり落ちます。
1周目後半、後方からコーォコーォ、、と新幹線の風切り音にも似たような音が背後から近づきます。ディスクホイールを履いたTTバイクにあっという間に抜かれていきました。
まさしく新幹線と普通電車くらいのスピード差に唖然としながら、それでもマイペースを守っていきます。
コースはすべてフラット。逆に、どの程度で走れば力を100km発揮できるか?ペース配分がいまいちわからず、スピードが小刻みに上がったり下がったりを繰り返します。
b0078370_2317136.jpg

3周目までにもうかなりのバイクに、それもとてつもないスピードで抜かされていきます。
抜かされても100km先のことを考え、マイペースを貫きます。
フォームも風圧を考え、頭で風を受けるよう、下向きで走ります。途中、ハンドルの持つ位置を、ステム付近の中央に持ち帰ると、風の抵抗が減り、若干スピードアップしますが、すぐに腕が疲れるので下ハンに持ちかえます。TTバイクのハンドル形状がなぜロードと異なるのか、走りながらわかった気がします。
後半は、ほぼラップタイムも変わることなく、最終周に最高速度を記録し、無事完走!!
いやー、ほんと疲れました。次回はせめてDHバーを付けて、出てみたいですね。
ちょうど、オキナワ前のシミュレーションにもなったので、ペース配分等、今回のレースを活かしたいと思います。

100kmタイムトライアル:2時間58分40秒 総合36位(63台中)
平均速度:32.9km/h 最高速度:40.5km/h(10周目に記録) 平均心拍数:155bpm 最大心拍数:168bpm 平均ケイデンス:88rpm 
[PR]
by ratch_ue | 2012-11-04 23:35 | ロードバイク
<< 背振山ヒルクライム カブ110燃費結果! >>



オフロードバイク・自転車のある生活 トライアルやロードバイクについて
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
検索
以前の記事
フォロー中のブログ
マイリンク
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧