いつまでもナナコロビヤオキ

チューブにもいろいろ

先月中旬からから9月半ばまで仕事が節電による変則勤務になり、会社は土日関係なく昼間1時から4時を除く夜間も稼働することに。今まで夜になるとひっそり静まり返っていたラインがけたたましく動いています。
自動車業界は、多分どこも今、フル生産状態で忙しい最中だと思います。
うちの会社も、昨年よりはるかに忙しい、、、
仕事って不思議なもんで、暇なときはとことん暇で、忙しいときはどんどん仕事が増えていく、、、
先週も仕事が終わって、グッタリで、飯も食べずにそのまま寝てしまった日もありました、、、
でも仕事があるのは有難い、今週は夜間勤務なので、眠い目をこすって頑張るぞー!!
っとこんなブログを書いてる時点で暇なんじゃね、という突っこみは無しね(笑)

何か前置き長くなりましたけど、ロードバイクのチューブがいろいろあるので、重量を比較してみました。
サイズはすべて700 18~28相当です。
左から、①パナソニックR-Air軽量、②イオンサイクルで買ったチューブ(メーカー?)、③TIOGA60mmロングバルブ、④シュワルベ
b0078370_856217.jpg

まずは、①パナソニックR-Air 軽量をうたい文句にしています。実重量68g。
b0078370_92388.jpg

つぎに、パンクした時たまたま近くにあったイオンサイクル、そこで買った②無印チューブ。実重量105g
b0078370_96473.jpg

③TIOGAの安いチューブ。実重量 90g
b0078370_981513.jpg

最後は④シュワルベ 確か700円くらいだったと思う。実重量110g、重っ!
b0078370_9102516.jpg

ということで、一番軽いパナと重いシュワちゃんでは42gもの重量差が、前後にすると84gにもなるのね。
ホイールだのタイヤだのの軽量化の前に、チューブがあるじゃない、、、って今更何言ってんのって感じですが。乗り心地も相当変わるというプロの話も聞きますが、乗り心地といっても、ホイールなのか、タイヤなのか、チューブなのか、いろんな要因があるので追求しだしたら迷宮入りしそうです。
こんなものも今使ってます。確かに乗りごこちは良い気がします。そしてこの重量は軽い!シュワちゃんの半分なので、前後なんと110gの軽量化に。
b0078370_9112950.jpg

コストで前後合わせて1700円くらいのアップで110gですよ。ということは1グラムに軽量化15.5円かかるわけね。
ホイールだと、ちなみにシマノカタログを見てますが、R-500(前後1944g)とRS-20(前後1848g)、これが96g重量が違う。まあ、例えの話なのでこんなグレードアップは誰もしないという突っこみは無しにして、価格差は定価ベースで9718円、実売で9000円くらいの差として、9000円÷96g=1グラム軽量化に約94円もかかるわけだ。
チューブの軽量化ってコスパに優れているのがわかりますよね。
でも軽いものほど、組み入れるときに破けやすいという話も聞くので、タイヤレバーで噛まないよう、ちょい空気を入れて作業するのがコツみたいです。また、軽いものは同時に耐久性に乏しいことも事実みたいなので、自分の走行に合わせて選ぶのも必要かなって思いました。
[PR]
by ratch_ue | 2012-07-02 09:27 | ロードバイク
<< バードウォッチング中 裏庭に >>



オフロードバイク・自転車のある生活 トライアルやロードバイクについて
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
検索
以前の記事
フォロー中のブログ
マイリンク
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧