いつまでもナナコロビヤオキ

有明海1周センチュリーラン

今日は、昨年12月に海から対岸を望んだ、島原半島へ行ってみることに。
ルートは以下の通りです。ぐるっと有明海をまわり、諫早の堤防道路を渡り、島原半島へ。アップダウンのある農道経由、多比良港からはフェリーで熊本へ帰還しました。
有明海1周センチュリーラン
朝8時半、気温はまだ氷点下の寒い中出発。雲は多いものの、天気は持ちそう。この冬に購入したパールイズミのウインターグローブがやっとで日の目を見ます。
ルートはいつもルートラボで設定したルートをベースに、コマ地図をつくり、それにしたがって進んでいきます。みやま市内までは快走できますが、柳川から大川にかけては道がごちゃごちゃしていて、信号も多く、ゴーストップを繰り返し、おまけに設定したルートに125cc以下の2輪通行不可区間があり、迂回します。
大川市内でオンコースをロストしますが、佐賀に入り、オンコースへ復帰、4キロくらいロスします。
今日はとにかく寒いうえに西風が強く、佐賀平野の区間はもろにアゲインストで厳しい走りを強いられます。
飛行機を見ることが好きだし、新しい空港なので、佐賀空港に向かいます。空港までの直線路はピストの方が練習されてました。車も少なく、格好の練習コースです。
空港自体には民間の旅客機、1機もおらず。こんなんでやっていけるんやろか?と心配になります。
空港脇の公園ではYS-11が展示されてましたのでしばし見物。
b0078370_2194344.jpg

b0078370_2110535.jpg

小型機だけど、タイヤでかいですねー。
佐賀空港からしばらく走ったところでパンク。
タイヤを見ても、なにも刺さっておらず、そのまま予備チューブに交換します。しかーしCO2ボンベをノズルにセットしようとねじ込みますが入らない!なんとボンベのネジ山がつぶれているではないか、、、もう1本は、入った(笑)。無事修理完了っ。
b0078370_21165134.jpg

空港から鹿島方面へ。ずっと田んぼの中の国道をひた走ります。大型ダンプの通行が多く、おまけに路肩は砂利が結構落ちていて、かなり気を遣います。
天気は下り坂へ、強風のさなか、途中から雪が激しくあたってきます。鹿島市内に着いたころにはあがり、コンビニで軽く昼食。こんな寒い日はホクホクのおでんが美味しい。
鹿島バイパスからあとは有明海を望みながら、海沿いをひた走ります。途中牡蠣焼きの店がかなりあり、うまそうな匂いがしましたが、フェリーが3時半なのでそれに間に合わすよう、鞭打って?頑張ります。海沿いは結構アップダウンが多く、足にきます。
鹿島から約1時間半、諫早の堤防道路が見えてきました。ここを通行するのは4年ぶりくらいです。
b0078370_2129387.jpg

ここを渡りきると島原半島です。堤防では周りの景色を楽しみながらゆっくりと走ります。
半島上陸後、また海沿いを走るのもワンパターンなので、山側に2キロほど入ったところに広域農道があり、そちらへ。いやー最後の締めと思ってルートに入れてましたけど、この道ほとんどがアップダウンです。寒い日はアップダウンがなおのこと堪えます。下りで筋肉が冷やされるので、のぼりが異常にきついんですね。
心拍数も180オーバーと、まだまだ本調子には程遠く、しかしながら景色は最高に楽しめました。
サッカーで有名な国見高校の横を通り過ぎ、フェリー乗り場へ。ここまで150キロの走行です。
フェリーは自転車600円と大変お得です。フェリーからは雲仙の山々がきれいなのと、多くのカモメが餌をねだりに近づいてきます。
b0078370_21382069.jpg

長洲港から自宅まで25キロ、残りはゆっくり無理せず生還。
このくそ寒い中、熊本~福岡~佐賀~長崎4県サイクリング走り切りました。疲れたー!
膝は痛いものの、何とか持ちこたえました。
今度はもっと暖かくカラッと晴れた日に走りたい、というのが本音でした。

本日の走行:175.54km 平均速度:26.7km/h 平均心拍数:147bpm 最大心拍数:200bpm(多分誤作動) 平均ケイデンス:71rpm 獲得標高:928m
[PR]
by ratch_ue | 2012-02-19 20:14 | ロードバイク
<< 温泉イイネ 今朝も >>



オフロードバイク・自転車のある生活 トライアルやロードバイクについて
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
検索
以前の記事
フォロー中のブログ
マイリンク
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧