いつまでもナナコロビヤオキ

ホイールを変えたときのタイム差

昨日と今日はひざが痛くならない程度に短時間、集中して乗ってきました。
以前からの関心事で、ホイールを軽量化することで、それがどうタイムに反映されるのか?
比較をしてみたいと思い、タイムアタックしてきました。
木曜日はシマノWH-R500(前822g+後1078g)+ミシュランプロ3Race(各々200g+チューブ60g)計:2420g。
金曜日はシマノDURA-ACE WH-7900 C24TL(前646g+後818g)+ハチンソンFusion3(各々320g+パンク防止剤30g)計:2164g。
何と前後で256gの差でしかないのです。厳密にいえばクイックリリースは含んでいないので、その分を入れたとしても約300gの違いがどう走りに影響がでるのか?
空気圧はいずれも、7barにて、カセットはいずれも公平を期すために11-23としました。
比較的フラットなA区間、ヒルクライムをB区間として比較。
A区間では、R-500にて7分10秒、Dura-Aceにて6分58秒とかなりの差が!
しかし登り中心のB区間では、R-500にて14分50秒、Dura-Aceにて14分38秒と思ったほどの差はつかず、、、でした。
走った感じの印象は、30km/h以降の伸びに差があるような感覚で、登りに関しては多少軽いかな?という感覚の違いでしかなかったです。
重さよりも、タイヤの差によるハンドリングの違いがかなりあり、Pro3がオンザレール感覚でスィ―と曲がっていくのに対して、Fusion3は多少アンダー気味に曲がっていく、しかし小さな凸凹に対しての収束感はFusion3に分があるので長距離での疲労軽減につながるとも言えます。
こんなふうにいろいろ比較してみると、走りも違う感覚で楽しめるし、データにもなるし参考になりますね。
それと、最近物欲が沸々と湧いてきて、BORA ONEみたいなカーボンディープリムのホイールが欲しかったりします。
[PR]
by ratch_ue | 2011-09-23 21:50 | ロードバイク
<< 香港へ タイヤを変えて走ってみた >>



オフロードバイク・自転車のある生活 トライアルやロードバイクについて
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
検索
以前の記事
フォロー中のブログ
マイリンク
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧