いつまでもナナコロビヤオキ

タイヤとホイール

b0078370_20584423.jpg

ORBEA ONIXに乗り始めて1か月ちょい。
このバイク唯一の変更点、タイヤとホイールについてちょいとインプレです。
昨年、BIANCHIに乗っていて、1年間で6、7回もパンクしました。釘を拾ったり、ホッチキスの芯が刺さったことによるパンクですね。常に予備チューブは持ってましたので、それで対処はしてたのですが、トラブルを減らせないいだろか、と食指が動いたのがチューブレス化。
チューブレスにしたところでパンクは減らせないとは思いますが、いきなりエアが抜けることはある程度避けられます。
また乗り心地が向上するとは雑誌のインプレで知識として持ってましたので、その期待も込めてチューブレス化にしたわけですね。
チューブレスに対応するホイールはシマノ、カンパ、フルクラム各々のブランドでありますが、私はシマノでまとめたかったので、発売して間が無い、デュラエース7900系のC24TLホイールにしました。
タイヤは前から試したかった、ユチンソンFUSION3です。
ホイールはかなりの軽量化になりますので、特に加速時や登坂力にどの程度効力があるか、興味深々!
まずタイヤで感じたのですが、細かい段差で、今まで(ミシュランPRO3RACE)はカンカンッとハンドルを握る手に伝わっていた衝撃も、フニャっと包み込む感触があり緩和してくれるので、確かに乗り心地の向上にはつながりましたね。手も疲れづらいんですよ。コーナーリングで最初、若干フニャッとアウトにはらむ違和感があったのですが、慣れの問題でした。コーナー途中にあるちょっとした凸凹もうまくいなしてくれるので、安心感はありますね。
あと、いいのがエアが減らない!です。チューブタイプ(クリンチャー)だと2,3日後には1キロ前後エアが落ちていましたが、チューブレスだとその半分しか減ってません。リムとの相性もあるのかもしれませんがエア入れる回数減らせるのは良いことです。
難点は多少タイヤが高いことと、選択できるタイヤが限られていること、ホイールも替える必要ありなとこでしょうね。チューブレスタイヤはユチンソン、IRC、スペシャライズド、(くらいだった?)が出しているだけですからね。
ホイールは、確かにこぎだしが軽い!また登りも良いようです。
バイクごとアルミからカーボンフレームに変わったので、こればかしは、ホイールの効果なのかフレームの効果なのか、両方あるんでしょうが、正直私の浅いロード歴ではシビアなインプレはできませんが、特に登りは今までよりは数段良くなったので、気分がいいです。
また、あまりチューブレスホイール&タイヤを履いている人が少ないので、見た目のハッタリ(笑)もききますね。
私はチューブレス化にして、乗り心地の良さ、疲れにくさには花丸を付けれるなって感じました。
まだまだ乗り込んで、気づいた点はレポートします。
[PR]
by ratch_ue | 2011-02-10 20:56 | ロードバイク
<< 久々に 志賀島で鍛われる >>



オフロードバイク・自転車のある生活 トライアルやロードバイクについて
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
検索
以前の記事
フォロー中のブログ
マイリンク
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧