いつまでもナナコロビヤオキ

大隅半島にて

b0078370_21263215.jpg

鹿児島出張時の昼休み、垂水道の駅にて食事しがてら、桜島を眺めつつ、足湯につかり、疲れをいやしました。
いやはや平和なもんです。
ここの道の駅には大正時代の噴火により、桜島と大隅が陸続きになった様子が写真で残されています。
噴煙は空を覆い尽くし、辺りは真っ暗でこの世の終わりのようだと記されています。
70人以上もの死者を出した大惨事だったんですね。
今は噴煙を上げることが少なくなった桜島ですが、灰に埋め尽くされた家々や、溶岩で埋まった神社の鳥居など、噴火のすさまじい様子をまざまざと見て、自然の脅威をあらためて感じました。
[PR]
by ratch_ue | 2009-06-26 21:32 | 日々雑多なこと
<< 整備にいそしむ 中国選手権広島遠征! >>



オフロードバイク・自転車のある生活 トライアルやロードバイクについて
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
検索
以前の記事
お気に入りブログ
マイリンク
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧