「ほっ」と。キャンペーン

いつまでもナナコロビヤオキ

盲導犬訓練センターでの視察

b0078370_2059624.jpg

今日は、前原市にある九州盲導犬協会の訓練センターで行われた見学会に行ってきました。
そもそも、これに行くきっかけになったのが、買い物がてら入った南区花畑のスーパーCO-OPに貼ってあった1枚の告知からで、これにビビッと反応しました。
盲導犬を育てるパピーウォーカーを募集しています、との内容で、そのスーパーに盲導犬協会の会報“ハーネスQshu”をもらって帰りました。そこに記載してあったHPアドレスを検索し、見学会があるのを知って申込み、参加した次第です。
実際に訓練センターで訓練士の方から盲導犬のこと、訓練のことなどのレクチャーがありました。その中で印象的だったのは、目をつぶって、その状態が一生続くような事態になったらあなたは何を頼りに生活していきますか?といった問いかけでした。あらためて今、自分がそんな事態になったら、気が狂うかもしれません。でも、盲導犬はそんな人の行動範囲を広げ、勇気を与えてくれる大切な存在なんだなーってあらためて思いました。
そして、今、盲導犬を必要とし、パートナーとして希望している人が7000人いるのに対し、実際の盲導犬は1000匹足らずだそうで、圧倒的に足りないんですね。
また盲導犬を訓練施設へ預けるまで育てるパピーウォーカーさんや、盲導犬を繁殖させる母犬の面倒を見る繁殖ボランティアの数が今、本当に足りないとのことでした。
興味のある方は一度、九州盲導犬協会のホームページをぜひ見てください。http://www.fgda.or.jp
b0078370_21261311.jpg

訓練されている盲導犬の多くは、ラブラドーリトリバーです。みな優しそうな性格の良い子でしたよ。
b0078370_21241564.jpg
b0078370_21243576.jpg

私はいつもの何とかなるだろうと安易な気持ちで、パピーウォーカーの申請までしてきました。
我が家のネコチャンが一緒の生活でもかまわないとのことでした。
ちょうどのタイミングというか、訓練センターで2日前に6匹生まれたそうです。写真だけしか見れませんでしたけど、可愛いのなんの❤溺愛しそうです。
実際にパピーになるかどうかは考える猶予があります。夫婦お互いの仕事上の問題など、不安もかなり大きいので、現実を直視し、よーく考えて決めたいと思います。
[PR]
by ratch_ue | 2009-02-28 21:43 | 日々雑多なこと
<< ロックでお勉強 BETA EVOはよかばい! >>



オフロードバイク・自転車のある生活 トライアルやロードバイクについて
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
検索
以前の記事
お気に入りブログ
マイリンク
ライフログ
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧